開閉方法

ここではバタフライ弁の開閉方法について説明します。レバー式とギヤ式の2種類あるので、それぞれの特徴をご参照ください。

バタフライ弁の開閉方法は2種類

レバー式の仕組み

レバーを90度押し引きすることで、バタフライ弁の軸が動いて開閉します。操作が簡単なので開閉に時間がかかりません。バルブが小径の場合に使用されることが多いです。

レバー式のメリット

レバーを押したり引いたりするだけなので、操作が簡単ですぐに開閉が可能です。また、レバーの角度をパッと見ただけで開閉度がわかるので、流量調整が容易にできます。

レバー式の注意点

バルブが大径の場合、レバーが重くなるので押すときに力が必要です。そのため、大径の場合はレバー式ではなくギヤ式が用いられています。また、レバーに誤って接触してしまうと開閉することがあるので、開閉しないときはレバーを取り外しておくようにしましょう。

ギヤ式の特徴

ハンドルを回して開閉するタイプです。ギヤが内蔵されていることで、ハンドル軸の回転方向をバルブ軸に変えます。開閉のときに力が必要な、大径のバルブに使用されています。

ギヤ式のメリット

ギヤ式はハンドル軸の回転方向をバルブ軸に変換するので、方向転換にあわせてギヤ比を調整します。開閉に必要な大きな力を、ハンドルを回す小さな力で開閉が可能です。そのため、バルブが大径の場合はレバー式よりギヤ式が重宝されます。

ギヤ式の注意点

レバー式は90度の開閉で良いのに対し、ギヤ式はハンドルを何回も回さなければなりません。そのため、開閉に時間がかかります。また、長い間バルブを開閉しないとギヤが固まって開閉できなくなることがあります。特に、屋外に設置されているバルブは注意しましょう。

バタフライ弁の相談をしたいならおすすめしているメーカーはこちら

バタフライ弁の開閉方法をはじめ、様々なバルブを扱っているおすすめメーカーを紹介しています。バタフライ弁の導入を検討されている方は、下記のページをご確認ください。

RECOMMENDED
既製品からオーダーまでバタ弁に幅広く対応

オーケーエム

株式会社オーケーエム公式サイト

画像引用元:株式会社オーケーエム公式サイト
(https://www.okm-net.jp/)

  • バタフライ弁を幅広く取り扱うメーカー
  • 高品質で、細やかなカスタムにも対応
  • 既存の製品は在庫があれば1個から即日発送可能

オーケーエムの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

バタフライ弁など
様々なバルブを取扱い

KITZ(キッツ)

株式会社キッツ公式サイト

画像引用元:株式会社キッツ公式サイト
(https://www.kitz.co.jp/)

  • 日本国内でバルブの取り扱い最多のメーカー
  • バタフライバルブと他のバルブをまとめて検討・導入したい方向け

KITZの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

特殊な水道用バタフライバルブ

クボタ

株式会社クボタ公式サイト

画像引用元:株式会社クボタ公式サイト
(https://www.kubota.co.jp/product/valve/index.html)

  • 信頼性・安全性のための細やかな仕様が国に定められている水道用バタフライ弁
  • 特殊なそのバタ弁の種類を最も多く取り扱い

クボタの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

※2022年1月に「バタフライ弁」「バタフライバルブ」「バタ弁」で検索し、該当した上位30社を調査した際の情報を基にしております。「オーケーエム」は創業年数と専門性、「KITZ」は取り扱うバルブの種類、「クボタ」は水道用バタフライ弁の取り扱い数がそれぞれ最も長い・多いため選出しました。

バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック sp