KITZ(キッツ)

KITZ(キッツ)の特徴

多彩なバルブを提供するメーカー

産業分野から生活フィールドまで幅広い多彩なバルブを提供しているメーカーです。製造・販売だけではなく、修理等のメンテナンスにも対応しており、流体に関する事業を展開。
品質マネジメントシステムの重要性に早い段階から着目し、ISO9001認証を取得しています。

キッツのバタフライ弁の特徴

コンパクトかつシンプルな構造

コンパクトで非常にシンプルな構造をしているのが特徴です。そのため比較的軽く、狭いスペースであっても活用できるというメリットがあり、工業プロセス・建設設備など幅広い分野で用いられています。

様々なタイプのバルブを取り扱い

キッツで取り扱っているバタフライバルブは1種類ではなく、用途に合わせてアルミ製やダグタイル鋳鉄製、PFA樹脂製などの材質で製作されています。さらに二重・三重偏心形や電動式といった特殊なバタ弁も取り扱い。ボディの素材やシートを組み合わせて、それぞれのニーズに合ったものを提供してくれます。たとえば空気式アクチェータ搭載自動バルブは、石油化学や化学、薬品などの工程で工業用圧縮空気配管と連結することを想定して作られたバルブです。

バタフライ弁の会社選びは慎重に

KITZはバタフライバルブを含むバルブ全般を手広く扱っており、まとめて購入できる会社です。

さて、貴社がバタフライ弁を導入される理由は何でしょう。バタフライバルブと一口に言っても、素材や口径の異なるものが多彩に存在する市場。取り扱う製品が会社で異なるため、目的に応じた会社選びをする必要があります。声をかけたい会社を目的別にピックアップしてご紹介します。

目的別ピックアップ。
バタフライ弁の会社を
チェックする

KITZ(キッツ)のバタフライ弁

アルミ製バタフライバルブ(BJシリーズ)

2種類のネックバリエーションを持つ、キッツのスタンダードタイプのバタフライ弁です。
幅広い配管ニーズに対応していると共に、アルミ合金製ボディなので軽量設計となっています。また、ロングネックタイプに関しては結露防止仕様となっています。

アルミ製バタフライバルブ(XJシリーズ)

JIS B2032に適合しているバタフライ弁です。
アルミ合金製ボディー採用で、ロングネックとショートネックの二種類がラインナップされています。ステム呼び出し防止構造、ロングネックに関しては結露防止仕様が採用されています。

ダグタイル鋳鉄製バタフライバルブ(DJシリーズ)

豊富な部品構成なので幅広いニーズに対応できるバタフライ弁です。ゴムシートをボディーに加硫接着していますので高流速への対応が可能です。
またフラットかつワイドなシート形状なのでシール性能も安定しています。

PTFEシート採用二重偏心形ステンレス鋼製バタフライバルブ(UBシリーズ)

二重偏心構造、ステンレス銅製のバタフライ弁です。
オールステンレスとPTFEシートが採用されているので高い腐食性能を有していることから、化学プラントに使用されています。
公共建築工事標準仕様書に適合しており、操作器から取り外すことなくパッキンの増締めが可能です。

二重偏心形バタフライバルブ(HBシリーズ)

耐薬品性に優れたRPTFEシートを採用した二重偏心のバタフライ弁です。
二重偏心構造にて安定したシール性能を持つと共に、パッキンの増締めが簡単で、特許取得している独自シート形状によって耐久性も高いです。

二重偏心・三重偏心形バタフライバルブ(CPシリーズ)

高圧、高温、大口径に対応しており、ラミネートシートを採用することで封止性能に安定感があります。

導入事例

KITZ(キッツ)のバタフライ弁に関する導入事例は公式サイトに記載がありませんでした。

KITZ(キッツ)の会社情報

  • 所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-10-1
  • 営業時間:公式サイトに記載なし
  • 電話番号:043-299-0111
  • URL:https://www.kitz.co.jp/

バタフライ弁を取り扱う会社一覧を見る

RECOMMENDED
既製品からオーダーまでバタ弁に幅広く対応

オーケーエム

株式会社オーケーエム公式サイト

画像引用元:株式会社オーケーエム公式サイト
(https://www.okm-net.jp/)

  • バタフライ弁を幅広く取り扱うメーカー
  • 高品質で、細やかなカスタムにも対応
  • 既存の製品は在庫があれば1個から即日発送可能

オーケーエムの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

バタフライ弁など
様々なバルブを取扱い

KITZ(キッツ)

株式会社キッツ公式サイト

画像引用元:株式会社キッツ公式サイト
(https://www.kitz.co.jp/)

  • 日本国内でバルブの取り扱い最多のメーカー
  • バタフライバルブと他のバルブをまとめて検討・導入したい方向け

KITZの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

特殊な水道用バタフライバルブ

クボタ

株式会社クボタ公式サイト

画像引用元:株式会社クボタ公式サイト
(https://www.kubota.co.jp/product/valve/index.html)

  • 信頼性・安全性のための細やかな仕様が国に定められている水道用バタフライ弁
  • 特殊なそのバタ弁の種類を最も多く取り扱い

クボタの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

※2022年1月に「バタフライ弁」「バタフライバルブ」「バタ弁」で検索し、該当した上位30社を調査した際の情報を基にしております。「オーケーエム」は創業年数と専門性、「KITZ」は取り扱うバルブの種類、「クボタ」は水道用バタフライ弁の取り扱い数がそれぞれ最も長い・多いため選出しました。

バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック sp