工場

このページでは、工場におけるバタフライ弁の役割について解説しています。バタフライ弁を導入したい方に向けて会社選びの重要性も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

工場で求められること

流体の制御

工場では純水や洗浄水などを使用しており、たとえば液晶や半導体を生産する工場では不純物のない純水が不可欠。そのほかにも化学工場や薬品工場などでも流体を制御する必要があります。

これまで工場では、圧力損失を考慮しながら流量調整を行うために、中・大口径のゲートバルブが用いられることがほとんどでした。しかしバタフライ弁は全開時の圧力損失が少なくある程度の流量調整が可能なため、工場でもバタフライ弁を導入することが多くなっています。

使用済の水を浄化・再利用

液晶や半導体を生産する工場では、使用した純水を浄化し再利用しています。その使用した水を浄化し純水をつくる工程でも、バタフライ弁が役立っています。そのため、半導体工場などでは純水製造装置の周辺に複数のバタフライ弁が設置されています。

バタフライ弁が役立つ場面

工場では、使用している流体(液体や気体)の流量調整や制御のほか、使用済の水の浄化・再利用にもバタフライ弁が用いられています。バタフライ弁は水や油、蒸気、空気、スラリーなどの流体に使用できます。また、腐食性のある流体や化学的に中性な流体にも使用できるため、化学薬品や食品などを扱う工場でも活用できます。

なお、バタフライ弁は使用する流体の種類や温度によってシート(弁座)部分の材質を選ぶ必要があります。たとえばゴム素材のシートでは高圧・高温の流体には向かないため、メタルなどの素材を選びましょう。

バタフライ弁を導入したい方へ。
相談すべき会社を目的別にご紹介

さまざまな種類の流体に対応でき、汎用性の高いバタフライ弁。国内にはバタフライ弁を扱うメーカーが多くありますが、導入する目的や用途に合った製品・メーカーを選ぶことが大切です。

このサイトでは、バタフライ弁専門のメーカーをはじめ、バルブ全般を取り扱うメーカーなど幅広く紹介しています。目的別におすすめの会社もピックアップして紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

RECOMMENDED
既製品からオーダーまでバタ弁に幅広く対応

オーケーエム

株式会社オーケーエム公式サイト

画像引用元:株式会社オーケーエム公式サイト
(https://www.okm-net.jp/)

  • バタフライ弁を幅広く取り扱うメーカー
  • 高品質で、細やかなカスタムにも対応
  • 既存の製品は在庫があれば1個から即日発送可能

オーケーエムの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

バタフライ弁など
様々なバルブを取扱い

KITZ(キッツ)

株式会社キッツ公式サイト

画像引用元:株式会社キッツ公式サイト
(https://www.kitz.co.jp/)

  • 日本国内でバルブの取り扱い最多のメーカー
  • バタフライバルブと他のバルブをまとめて検討・導入したい方向け

KITZの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

特殊な水道用バタフライバルブ

クボタ

株式会社クボタ公式サイト

画像引用元:株式会社クボタ公式サイト
(https://www.kubota.co.jp/product/valve/index.html)

  • 信頼性・安全性のための細やかな仕様が国に定められている水道用バタフライ弁
  • 特殊なそのバタ弁の種類を最も多く取り扱い

クボタの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

※2022年1月に「バタフライ弁」「バタフライバルブ」「バタ弁」で検索し、該当した上位30社を調査した際の情報を基にしております。「オーケーエム」は創業年数と専門性、「KITZ」は取り扱うバルブの種類、「クボタ」は水道用バタフライ弁の取り扱い数がそれぞれ最も長い・多いため選出しました。

バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック sp