オーケーエム

オーケーエムの特徴

流体制御を得意としているメーカー

オーケーエムは流体制御を得意としており、バタフライ弁の製造・販売に特化しています。
既製品として微妙なニーズの違いに対応したバタフライ弁を用意していますが、新規工場の立ち上げや規格外の設計に対するカスタムオーダーにも応じています。顧客の細かなニーズに寄り添います。

既存品もオーダーの品も対応可

既存のバルブはもちろん、求められる仕様・規格に応じたバルブの開発から相談に乗ってくれるオーケーエム。事前に確認しておけば、複雑な仕様のバタ弁にも対応してくれるでしょう。

オーケーエムのバタフライ弁の特徴

複数のタイプを取り扱い

バタフライバルブは様々なタイプのものがラインナップされています。独自のタッチシール方式を採用し、操作トルクを大幅に軽減した「バタフライバルブ」は、あらゆる流体に適用可能な汎用バルブになります。流量調整も比較的しやすく、幅広い業種で使用できるでしょう。

他にも、高圧・高温・真空といった厳しい条件においても高い制御力を発揮できる「ハイパフォーマンスバタフライバルブ」を取り扱っています。ほかにもナイフゲートバルブ・ピンチバルブ・チェッキバルブ・消防設備用バルブ・船舶用バルブといった、工業用のバタフライバルブにも対応しています。

様々な条件下での実験を実施

オーケーエムのバタフライバルブは技術研究所にある実験プラントを活用し、液体・気体・粉粒体などの各種流体を想定したうえで非常に厳しい使用条件のシミュレーション実験を実施。その結果を踏まえて、バルブの特性や流量の特性などのデータを収集・解析したうえで製品の開発を行っています。

さらに耐久品質を向上させるために年間100万回用いたことを想定した実験も実施し、より性能の優れたバタフライバルブを提供できるように日々開発に取り組んでいます。

バタフライ弁の会社選びは慎重に

オーケーエムはバタフライ弁に関する様々な依頼に応えてくれる会社です。

さて、貴社がバタフライ弁を導入される理由は何でしょう。バタフライバルブと一口に言っても、素材や口径の異なるものが多彩に存在する市場。取り扱う製品が会社で異なるため、目的に応じた会社選びをする必要があります。声をかけたい会社を目的別にピックアップしてご紹介します。

目的別ピックアップ。
バタフライ弁の会社を
チェックする

株式会社オーケーエムのバタフライ弁

612X / 615X

一般産業や造船、建築設備用として用いられているバタフライ弁で、トルクの軽減によって駆動部の軽量・小型化に成功しました。

606シリーズ

フランジ型ゴムシートタイプのバタフライ弁で、一般配管や建築設備用、さらには船体に用いられています。メンテナンスが用意な耐摩耗設計が特徴です。

616J / 618H / 622H

高層ビルや空調設備、消防防災設備に用いられているバタフライ弁です。
流体力学の理想を追求しつつ、タイトシャット・低トルクを実現しました。

618F / 622F

信頼・安心を追求したフランジ形構造で、配管施工が簡単です。高圧・交差圧・高流速などの分野にて安定した性能を発揮できるバタフライ弁です。

602A

軽量でありながら堅固を誇るアルミダイキャストを採用したバタフライ弁です。ネック部分はステンレス鋼を使用し、オーケーエムの独自構造によって結露防止に強さを発揮します。

603A

ゴムシートバタフライ弁に分類されており、水処理施設や一般産業用として用いられます。
オールアルミダイキャストボディなので軽量と強度を両立し、さらにはオーケーエムが開発したTバーを採用することで配管の位置決めも簡単です。

VAVTROL-DN

電子制御タイプのバタフライ弁です。
一般工業や空調設備に用いられるもので、上部からリミットカムの調整が行えるのでメンテナンス性が高いです。また、制御内容の状態記憶機能も整備されています。

637N / 635N

流体接触部分にテフロンフッ化樹脂を採用しているので医薬品から食品、エレクトロニクス用純粋装置など多種多様なジャンルでの使用が可能です。

導入事例

船舶設備として612X、606シリーズ、618H、541T等のバタフライ弁が採用されているとのことです。

株式会社オーケーエムの会社情報

  • 所在地:滋賀県野洲市市三宅446-1
  • 営業時間:公式サイトに記載なし
  • 電話番号:077-518-1260
  • URL:https://www.okm-net.jp/index.php

バタフライ弁を取り扱う会社一覧を見る

RECOMMENDED
既製品からオーダーまでバタ弁に幅広く対応

オーケーエム

株式会社オーケーエム公式サイト

画像引用元:株式会社オーケーエム公式サイト
(https://www.okm-net.jp/)

  • バタフライ弁を幅広く取り扱うメーカー
  • 高品質で、細やかなカスタムにも対応
  • 既存の製品は在庫があれば1個から即日発送可能

オーケーエムの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

バタフライ弁など
様々なバルブを取扱い

KITZ(キッツ)

株式会社キッツ公式サイト

画像引用元:株式会社キッツ公式サイト
(https://www.kitz.co.jp/)

  • 日本国内でバルブの取り扱い最多のメーカー
  • バタフライバルブと他のバルブをまとめて検討・導入したい方向け

KITZの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

特殊な水道用バタフライバルブ

クボタ

株式会社クボタ公式サイト

画像引用元:株式会社クボタ公式サイト
(https://www.kubota.co.jp/product/valve/index.html)

  • 信頼性・安全性のための細やかな仕様が国に定められている水道用バタフライ弁
  • 特殊なそのバタ弁の種類を最も多く取り扱い

クボタの
詳細を見る

今すぐ電話で
相談する

※2022年1月に「バタフライ弁」「バタフライバルブ」「バタ弁」で検索し、該当した上位30社を調査した際の情報を基にしております。「オーケーエム」は創業年数と専門性、「KITZ」は取り扱うバルブの種類、「クボタ」は水道用バタフライ弁の取り扱い数がそれぞれ最も長い・多いため選出しました。

バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック バタフライ弁導入のメリットとおすすめの会社をチェック sp